top of page

住宅ローン減税についてメリットとデメリット

今回は、住宅ローン減税についてメリットとデメリットを分析してみたいと思います。


住宅ローン減税とは、住宅を購入した場合に、所得税や住民税から一定の金額を控除できる制度です。


この制度は、住宅需要の喚起や経済活性化を目的としていますが、本当に有効なのでしょうか?


それでは、メリットとデメリットを見ていきましょう。


まず、メリットです。

住宅ローン減税の最大のメリットは、やはり税金の負担が軽減されることです。

例えば、年収500万円の人が3000万円の住宅を購入した場合、住宅ローン減税を利用すると、最大で約120万円の税金が控除されます。


これは、月々の返済額を約1万円ほど減らすことができるということです。

また、住宅ローン減税は、所得に応じて控除額が変わるため、低所得者にも有利な制度です。


さらに、住宅ローン減税は、自己資金が少なくても住宅購入が可能になるという点でもメリットがあります。

自己資金が少ない場合でも、住宅ローン減税を見込んで返済計画を立てることで、銀行からの融資を受けやすくなります。


次に、デメリットです。

住宅ローン減税の最大のデメリットは、長期的な視点で見ると、経済的に不利になる可能性があることです。

なぜなら、住宅ローン減税は、あくまで税金の控除であって、収入の増加ではないからです。


つまり、住宅ローン減税を受けるためには、必ず住宅ローンを借りなければなりません。

そして、住宅ローンは利息がかかります。


例えば、年収500万円の人が3000万円の住宅を購入した場合、利息率1.5%で35年間返済するとすると、利息だけで約1400万円も支払うことになります。これは、住宅ローン減税で得られる約120万円よりもはるかに大きな金額です。


また、住宅ローン減税は期間限定であり、最長でも13年間しか受けられません。その後は通常の税金を支払わなければなりません。

さらに、住宅ローン減税は条件付きであり、例えば転勤や離婚などで自分が所有する住宅に居住しなくなった場合は控除が打ち切られます。


このように、住宅ローン減税は一見お得に見えますが、長期的に見ると損をする可能性もあります。


以上が、住宅ローン減税についてメリットとデメリットをお話ししました。


住宅ローン減税は、自分の収入や家族構成、住宅の価格や利息率などによってメリットとデメリットが変わります。

したがって、住宅ローン減税を利用するかどうかは、個々の状況に応じて慎重に判断する必要があります。

住宅ローン減税等についても、住宅購入をサポートします。


ご相談はお気軽にどうぞ。



閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
bottom of page